第25回新岩手構造展終了報告

岩手日報社、盛岡タイムス社、岩手芸術文化協会のご後援を頂き、盛岡市民を始め、県内各地の皆様に支えられながら、お蔭様で「支部創立25周年記念展」を盛会裏に終了できました。
4半世紀の節目の企画として、支部会員10名の絵画、彫刻26点のほか、第87回新構造展(9月 東京都美術館)の授賞作品と本部役員の作品10点の協賛出品を頂き、かつてにないビックな展覧会となりました。
新構造社本部から、中谷時男理事長を始め、齊藤猛、工藤一二理事を迎え、ギャラリートークを行うなど、支部会員は大いに研鑽を積む事が出来ました。
4日間の会期は平日にも拘わらず、多くの来観者で賑わい、沢山の方々から賞賛の声が寄せられ、大きな反響を呼び起こしました。
ご来駕いただきました皆様に心から御礼申し上げますと共に、今後ともご支援賜りますようお願い申し上げます。