改植のために伐採しました

曇時々晴2012年03月26日(月) カテゴリー:果樹園果樹園 タグ: ,  ☆ 8年前に投稿

改植

この Blog でも以前に告知していた通り、自分がお百姓さんを始めて最初に植えた「さんさ」を伐採しました。
もうかれこれ20年余り….。
市内の心身に障害を持つ子供達に十数本を十年以上無償提供したり、県内外のオーナーさんに永年に渡って同じ木のお申し込み頂いたり。
77本の「さんさ」は沢山の「ふれあい」や「想い出」を残してくれました。
まだ、今年も実を付けるための元気が十分有って伐採するには忍びなかったのですが、木が大きくなって混雑して来たり、やはり老木と言うことで大きな実を付けにくくなって来た事などから伐採に踏み切ったのでした。

義父が植えた木を伐採して、この「さんさ」を植えた時は実父がまだ現役で八幡宮で神職をしていたので、彼にしっかりと伐採する事のお詫びのお祓いをして貰ったのですが、今回は、その義父も実父も天空の人になってしまっているために、自分自身が心で詫びただけで伐採してしまいました。
今回もまた、切りっぱなしにするのではなく、新たな品種の苗木を即植える事で、許して欲しいと、身勝手に思っていたりします。

昨年、収穫して頂いたオーナーの方々の名札が付いたまま、伐採してしまっています。
勝手で申し訳ありませんが、今年もお申し込み頂けるようでしたら、同じ園地の北側に「さんさ」は50本近くありますので、そちらに名札を引っ越しさせて頂きます。
オーナーの皆様方、子供達、そしてりんごの木に心から感謝しつつ…..

アーカイブ

果樹園の様子をLine@

Sponsored by

PAGE TOP

Copyright(c) 2008~2020 ふれあい果樹園 All Rights Reserved.